忍者ブログ
プロフィール
HN:
努力賞
性別:
男性
職業:
自営業
趣味:
旅、カメラ、読書
自己紹介:
毎日をのほほ~んと生きてます。
カテゴリー
最新記事
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
RSS
リンク
コガネモチ
フリーエリア
P R
忍者カウンター
<<   2019   12   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
12 December 2019            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 March 2017            東日本大震災から6年  |  ふくしま  |  C:0  |

もうあの日から6年にもなるのですね。
今年もその日がやってきました。

東日本大震災で1番死者不明者が多かったのは宮城で10770人。
2番目は岩手の5795人。
3番目は福島の1810人。
そして、茨城25人、千葉23人。



福島県は原発事故の話ばかりされるけど、福島県の死者だけで、昭和の自然災害の中で10位くらいには入るはずなんだ。戦後でいうなら5番目の死者数だよ(東日本大震災含む)

福島県の人口が190万人だから、1050人に1人くらいが死んだことになる。浜通りになるとその割合はもっと高くなる。これ、知り合いを何人かあたっていったら犠牲者に辿り着くくらいの数字。

「福島を忘れるな」という時にはそのことも忘れないでほしいな。


拍手[0回]

PR
福島県の須賀川市に行った時の写真。
これもう1年近く前のものなんですけどね。
須賀川といっても地元の人じゃないとあまり馴染みのない地名かもしれません。
ウルトラマンでおなじみの円谷栄二監督の出身地なんですよ。
東京オリンピック銅メダルの円谷幸吉選手もこちらのご出身。
円谷姓の多い土地なんですね。街を歩いていて円谷というお宅を何件か見かけました。

さてそんな須賀川で有名なのはきゅうり。
それで町おこしの一環できゅうりを麺に練り込んだ「かっぱ麺」なるものが食べられるのです。




井桁屋さんというお店で早速かっぱ麺を・・・と思ったのですが、かっぱ麺はどうも冷たいらしく、外は生憎の雪、さすがになあと思い、暖かい「きゅうりラーメン」というのを注文。
これがおいしいのなんのって!! きゅうりの味はさほど気にならなかったです。

まあ後日談ですが、お土産用に買った「きゅうりラーメン」を食べたらものすごくきゅうりの香りがしました。寒くて凍えそうな時に食べたからあまりわからなかったのですね~。



そんな井桁屋さんに古いお雛様が飾られていました。



震災復興のイベントで訪れていたので3月11日前後だったと思うのですが、とても目の保養になりました。美しいものっていいですねえ。

駅前のメインストリートを歩くと、あちらにもこちらにもウルトラマンと怪獣がいて楽しませてくれます。実はあまり詳しくないので、怪獣の名前とかわからないのですが、ああなんか見たことあるなあと。


そうそう、須賀川は小さな町なんだけどなぜかおいしいパン屋さんが多いので、そちらを回るのもオススメですよ。

パンというかまんじゅうなのかな?
「くまたぱん」ってのがあって、これがくっそ甘いけどおいおしいの。
須賀川に行ったらこちらもぜひ食べてみてくださいね。

くまたぱん本舗




拍手[0回]

いやぁ、今更なんですが、2014年8月9日に行われた「広野町サマーフェスティバル」に行ってきました。
広野に行くのももう6回目くらいだろうか。最初は2011年の6月頃、原発事故の影響でまだ住民がほとんど戻っていなかった頃。今は5~6割の住民が戻ってきているそうで、町も徐々に元に戻りつつあるようです。





雨が強く降りだして、開催が危ぶまれましたが、花火も景気よく打上がりました。
また来年も来よう。





拍手[0回]

今更な感じですが、2014年3月8日~9日に行われていた、郡山駅前の東日本大震災追悼キャンドルナイト「春蛍」の写真を。

福島をはじめ、東北には震災以降、何度も訪れていますが、なぜか3月11日近辺には都合が合わないことも多く、震災3年目の今回が初めての経験です。
このイベントを知っていたわけではなく、たまたま泊まったのが郡山だったというだけの話なのですが、なんともいえない幻想的な感じに思わず足を止めてしまいました。




3月11日前後の福島は、ホテルのテレビをつけてみるとどこも震災や原発関連の事故のことをやっているのだけど、街は至って静か。
こういう静かな追悼イベントがあるくらいで、一種異様な雰囲気が街を包むということもなかった。
郡山では3月11日にずいぶん賑やかな脱原発のデモがあったようだけど、その日はすでに浜通りに移動していたので遭遇することもなく、静かな感じに旅を終えることが出来ました。



郡山の春蛍、ほんとうに美しかった。
機会があればまた行ってみたいなと思う。











拍手[0回]

3月11日に訪れた、いわき駅前には、原発事故の影響で立ち入りができなくなっている富岡町の桜の名所である夜の森をイメージしたイルミネーションが美しく光っていました。
正月に行った時は、1月13日までと聞いていましたが、震災関連のイベントだったのかもしれません。
36本のケヤキに付けられたLED電球はなんと8万個。



写真を撮っていた女性にお話を伺いました。
夜の森に花見に行くのが子供からの頃の楽しみだったけど、仕事などが忙しく何年も行っていなかったそうです。そうしたら、原発事故がおこって行くことができなくなってしまったと話してくれました。

またいつの日か、夜の森の桜を見に行くことができますように。





拍手[0回]

 HOME    1  2   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts